検索
  • chichibubmx

2022 JBMXF J2シリーズ第2戦​/第13回秩父市長杯・コロンビア共和国大使杯 BMX大会・ランニングバイク大会



JBMXF J2シリーズ秩父大会の第2戦が開催されました。

今大会はコロンビア共和国大使杯の冠名が追加されました。


今大会もランニングバイククラスを設けたため、総エントリー数は227名と、J2秩父大会において過去最大の総エントリー数を記録しました。



チャンピオンシップ男子


最高峰チャンピオンシップメンクラスのエントリーは5名、3ラウンドシステム(3本走った順位の総合ポイントで順位決定)となります。

前大会より人数は減少しましたが、内容の濃い展開が見応えのあるレースでした。



優勝は吉井康平(フォスター電機)、2ヒート目に転倒したものの、最終ヒートで挽回し優勝。準優勝は根本康佑(Stay Strong Japan)。3位には小丹晄希が入りました。​

なお、今大会最速タイム31.805を記録した中林凌大は2ヒート目のクラッシュにより最終ヒートを棄権しております。


BMXリザルト


ランニングバイクリザルト

3歳 4歳 5歳

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示