秩父BMX協会

BMX競技普及・発展の為、埼玉県秩父市において活動

一般社団法人全日本BMX連盟(JBMXF) 加盟団体

BMXというサイクルスポーツを通じて多くの人々に​魅力を発信しております

活動内容

・JBMXF競技者登録業務

・BMXレース運営、BMXスクール運営(主催の場合)

・BMX競技及び埼玉・秩父地域の普及、発展に寄与すること

JBMXF会員について

 全日本各地で開催されるJBMXF主催レースへの出場を希望される方は会員登録をお願いします。尚、埼玉県在住の方は秩父所属となります。

 お住いの都道府県に協会がなく滝沢サイクルパークを主に活動される場合は当協会へのご登録を承ります。

JBMXFとの関連

 秩父BMX協会はJBMXF加盟団体となっており、東日本では茨城、神奈川、新潟、秩父の4協会が加盟しております。この4協会が連携しながらJBMXFシリーズ東日本大会を運営しております。また、秩父から埼玉県・関東地方に向けBMXの普及活動の一環としてJBMXF J2シリーズの運営をしております。

役員

会  長 : 浅見 将和

副会長 : 町田 雅之  髙山 一成  浅海 裕一

BMXとは

子供から大人まで楽しめるバイシクルモトクロス(BMX)


 発祥は1970年初頭、大人のモトクロスに憧れた少年が自転車(アメリカでは少年たちの自転車はほとんどBMXタイプ)でまねたことが始まり、派手なアクションからまたたくまに少年の心をつかみました。

 BMXレースにおいて、選手が着用するヘルメット、レーシングジャージ、パンツなどの装備がたいへんファッショナブルで格好がよいこと、子供たちにとって唯一の乗り物である”自転車”の レースであることなどが魅力となって、アメリカ・カルフォルニアを中心に急速に世界に広まりました。

BMXのレースは5~6才より大人まで参加可能

 出場クラスは男女別・年齢で細かく分かれており、同年代のライダーと一緒に走行することができます。また、家族で参加できることも魅力のひとつです。

 選手は自分自身をコントロールして走り抜く高度な走行テクニックやバランス感覚、他の選手との駆け引きなどが要求されるため、BMXレースは自転車操作による基礎体力・バランス感覚の習得の向上が見込めます。また、レースを通じてフェアプレーとスポーツマンシップの精神が学べ、体力・知力・気力など、青少年の心と心身を発達させるスポーツです。

オリンピック正式種目


 2008年北京オリンピックよりオリンピック競技となり、その後のロンドン、リオデジャネイロ、2020年東京においてもオリンピック競技となりました。日本からは2008年北京五輪に阪本章史選手が、2016年リオデジャネイロ五輪に長迫吉拓選手が代表選手となりました。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Flickrの社会のアイコン
CONTACT

Copyright Ⓒ 2009 Chichibu Bmx Association All Right Reserved.